雇用 保険 法の最新情報

偽装請負防止へ 発注元にも法順守の確認求める 厚労省
朝日新聞
発注元向けの指針では、契約する請負会社を選ぶ際、適正に労働者を雇用保険や社会保険に加入させているかなど、法令順守を考慮するように求める。また、請負会社には有期雇用の労働者が多く、請負契約の解約で突然解雇される例も後を絶たない。このため、発注元にも、契約 ...(続きを読む)



職業紹介責任者講習
職業安定法、雇用対策法、高齢者法、労働基準法、パートタイム労働法、労働者派遣法、最低賃金法、労働者災害補償保険法、個人情報保護法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法などなどが関係してくる! 普通の企業の人事関連も同様である。 ...(続きを読む)


改正「雇用保険法」平成19年10月1日から実施
<改正「雇用保険法」が平成19年10月1日から実施されます> ■雇用保険の受給資格要件が変わります ○これまでの週所定労働時間による被保険者区分(短時間労働者以外の一般被保険者/短時間被保険者)をなくし、雇用保険の基本手当の受給資格要件を一本 ...(続きを読む)


雇用保険法が一部変わります
雇用保険の受給資格要件が変わります。 ・これまでの週所定労働時間による被保険者区分(短時間労働者以 外の一般被保険者/短時間被保険者)がなくなり、雇用保険の基 本手当ての受給資格要件が一本化になります。 ・原則として、平成19年10月1日以降に ...(続きを読む)


2007年4月19日 改正雇用保険法が成立
2007年4月19日 改正雇用保険法が成立−税理士 名古屋/名古屋市の税理士事務所. 雇用保険料の引き下げなどを柱とした改正雇用保険法が4月19日、衆院本会議で可決され、成立しました。 同法成立により、失業給付などに充てる雇用保険料(労使折半)を ...(続きを読む)


雇用保険法の受給資格要件が変わります
雇用保険の受給資格要件が変わります. ◇これまでの週所定労働時間による被保険者区分(短時間か一般か)をなくし、. 雇用保険の失業保険の受給資格要件を一本化します。 ◇原則として、平成19年10月1日以降に離職された方が対象になります。 ...(続きを読む)


雇用保険法の改正(受給資格要件について)
先日からお届けしている改正雇用保険法。では、その他はどのような点が変更になるか、本日から1つずつ取り上げてみたいと思います。 まずは、雇用保険の受給資格要件の改正。これまでの週所定労働時間による被保険者区分(短時間労働者以外の一般被保険 ...(続きを読む)


[平成19年雇用保険改正]教育訓練給付の要件等変更
雇用保険には、一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者等が厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した際に、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定割合に相当する額を公共職業安定所から支給する教育訓練給付制度があります。今回の法 ...(続きを読む)


雇用保険法の改正2!
これまでの週の労働時間による被保険者区分(短時間労働者以外の一般被保険者と短時間労働被保険者)をやめて、雇用保険の被保険者の区分が一本化れることになりました。 【改正前】 短時間労働者以外の一般被保険者 ⇒ 6か月(各月14日以上) ...(続きを読む)


雇用保険法の改正(教育訓練給付金について)
今回も雇用保険法絡み、教育訓練給付金の改正についてです。教育訓練給付金を受給するのは、本来は「3年以上」の雇用保険の被保険者期間が必要でしたが、それを当分の間、 初回に限り「1年以上」に緩和されることになりました。 ...(続きを読む)




スポンサード リンク

posted by サイレンススズカ at 06:33 | 雇用保険・失業保険
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。